隣接セレクタ・間接セレクタ・直下セレクタでCSSを記述したい

css

隣接セレクタ・間接セレクタ・直下セレクタとは?

隣接セレクタ
要素を結合子「+」でつなぎます。例えば要素A+要素Bの場合、要素Aと同じ階層にあるすぐ後の要素Bにスタイルがつきます。
間接セレクタ
要素を結合子「~」でつなぎます。例えば要素A~要素Bの場合、要素Aと同じ親に含まれる要素Bにスタイルがつきます。
直下セレクタ
要素を結合子「>」でつなぎます。例えば要素A>要素Bの場合、要素Aの直下の要素Bにスタイルがつきます。

隣接セレクタ・間接セレクタ・直下セレクタの使用例

-css

関連記事

CSSで上下センター揃え

上下センター揃え フレックスボックス 「display: flex」を使います。

左右センターは「justify-content: c …

cssで作るいろいろなグラデーション

鮮やかなグラデーションを取り入れたサイトをよく見ます。 様々なタイプのグラデーション記述方法をまとめてみました! グラデーションの種類 基本 グラデーションはbackgroundで指定します。先に書い …

CSS Animationでアニメーションを表現する

JavaScriptを使わずにCSSだけでアニメーションを表現!CSS Animationキーフレームは0%(アニメーションの開始)から100%(終わり)まで細かく指定できます。

テキストに縁や影をつける

cssでテキストに縁や影をつけます。

CSS Transitionで手軽にアニメーションを取り入れたい

CSSのアニメーション、Transitionに変化を追加してオンマウスで滑らかに変化させたり、押す感を出せたり。これだけでちょっとインタラクティブなサイトになりますね!

サイトに訪れていただきありがとうございます!このブログでは、調べたこと、試したことを次回スムーズに行うための覚え書きをアップしています。