WEBサイト制作効率化のための、
デザイン・wordpressの試作や覚え書き

その他

画像を一括変換させたい

2019-08-30

photoshopの画像の一括自動処理「バッチ」

photoshopの自動処理「バッチ」は、複数の画像を自動で一括処理できる便利な機能です。例えば画像100枚をRGBからCMYKへ変換するだけでも、1枚ずつ行えば結構時間がかかりますね。それを、バッチ処理ならアクションを登録するだけ。後は自動で仕上げてくれます。

ここではpng画像を、下記の3つの作業で一括処理する手順を記しました。
①ロゴマークをペースト
②カラーモードをRGBからCMYKへ
③epsで保存

photoshop「バッチ」手順

❶一括変換させたい画像をフォルダにまとめる。

❷ロゴマークをコピー。

今回はIllustratorデータの場合。Illustratorで、変換する画像と同サイズの透明な四角形を長方形ツールで作成します。
ロゴマークを配置したい位置において、それごとコピーします。
(画像の左側は完成予定、右側はaiデータのコピー部分選択の図。)

❸photoshop「アクション」ウインドウの設定。

photoshopを開きます。「アクション」ウインドウに設定1と、その中にアクション1を作り「記録」をクリックします。(設定、アクションの名前は任意)

※「記録」をクリックしたら記録が始まっています。必要のない作業はしないこと。

①メニュー「ファイル」→「開く」で一括変換したい画像の一枚を開き、先ほどコピーしておいたロゴマークをペーストします。

②画像を統合します。

③メニュー「編集」→「モード」でCMYKを選びます。

④メニュー「ファイル」→「別名で保存」eps形式で保存します。

⑤「アクション」ウインドウの「再生/記録を停止」ボタンをクリックして記録終了です。変換したい内容がすべて記録できました。

❹自動処理の設定

メニュー「ファイル」→「自動処理」→「バッチ」を開きます。

○セット、アクションを作成したものに設定します。
○「ソース」を「フォルダ」にして、「選択」をクリック、一括変換させたい画像をまとめてあるフォルダを選びます。
○「実行後」は「保存して閉じる」を選び、右側の「OK」ボタンをクリックすると、自動処理が始まります。できた画像は同じフォルダに保存されています。

-その他

関連記事

どのリンクから訪問された?パラメータで流入元を把握しよう!

自分のサイトへアクセスしてくれた、その流入元がどこなのか知りたい!リスティング広告? FaceBook? 自然検索?その他、考えられる経路はたくさんあります。メルマガ、LINE、アプリ、QRコード、ア …

WEBアイコンや記号・マークをカンタンに表示させたい!

読みやすさのためにアイコンを使いたいな、でも作るのに時間がかかるし…。そんな時に、商用OKのフリーアイコンはとっても便利です!

サイトに訪れていただきありがとうございます!このブログでは、調べたこと、試したことを次回スムーズに行うための覚え書きをアップしています。普段は埼玉のWeb制作会社に勤務しています。